遠近両用コンタクトなら
当店で

遠近両用コンタクトなら当店で

About Presbyopia 老視について

老視、老眼というほうが聞き慣れているかと思いますが、老視は、
加齢により誰にでも必ず起こる眼の障害です。
眼のピントを合わせるための役割を担う水晶体は、
通常は遠くを見るための薄い状態であり、近くを見る時に厚くなるよう調整されます。
しかし、その水晶体も加齢による老化現象で固くなってしまい、
厚く調整することができなくなり、近くを見る時にピントを合わせられなくなるのが老視です。
「夕方や薄暗いところで、近くのものが見辛い、ぼやける」
など40歳くらいから症状を感じ始め、45歳頃には近くを見ることの不自由さが大きくなり、
老眼鏡をご使用になり始めるという方が多いようです。

老視について

Contact-lens
For Presbyopia
老視対策に遠近両用コンタクト

老視だからといっても、老眼鏡をかけることに抵抗をお持ちの方は少なくありません。
その老視をコンタクトで対策できれば…。
遠近両用コンタクトは、遠くを見るための近視用コンタクトの機能に、近くを見るための老眼鏡機能も持たせた、遠くと近くの両方を見ることができるコンタクトレンズです。
しかし、小さなコンタクトレンズの中に、遠くと近くの二つの矯正度数を持たせた遠近両用コンタクトは特殊で、各メーカーが製造する遠近両用コンタクトは、二つの矯正度数の配置などのレンズデザイン、そして何よりその考え方に違いがあり、遠くと近くの見え方やバランスなど、それぞれ違った特徴を持っています。
当店では、それぞれの遠近両用コンタクトの特徴を充分に把握した経験豊富なスタッフが、見え方のご希望や使用想定をお聞きし、お客様お一人お一人に最も適した遠近両用コンタクトのご提案をさせていただいております。

老視対策に遠近両用コンタクト

Bifocal Contact-lens
to 20s~30
若い方にも遠近両用コンタクト

近年、“スマホ老眼”と呼ばれる、スマホやパソコンの長時間使用が起因となる
「近くの文字が見辛い」「夕方になると近くがぼやける」
などの老視と同じ症状を訴える、20代30代の若い方が増加しています。
継続的なスマホやパソコンの長時間使用をされる若い方々も、
“遠近両用コンタクト”をご利用いただくことで、スマホ老眼の解消や、ピント調整機能異常の固定化による眼障害の発症予防となるなど有益です。

若い方にも遠近両用コンタクト

Manufacturers Link メーカーリンク

お願い:コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず眼科医の指示を受けてお求めください。●装用時間・期間を正しくお守りください。●取扱方法を守り、正しくご使用ください。●眼の検査は必ずお受けください。●少しでも異常を感じたら直ちに眼科医の検査をお受けください。●添付文書をよく読み、正しくご使用ください。●見え方、装用感、うるおい感には個人差があります。

快適なアイライフと瞳の健康を
ずっと支え続ける
営業時間 9:00 ~ 18:00
土曜日は17:00まで
コンタクト
受付時間
9:00 ~ 12:30 / 14:00 ~ 18:00
※コンタクトが初めての方は各受付時間終了時間の
1時間前までにご入店ください。
定休日 木曜日・日曜日・祝日
アクセス 国道4号線北上、峰町交差点先すぐ。無料駐車場完備
JR宇都宮駅東口よりバス利用約8分。
関東バス3番乗場02もしくは11系統バスに乗車約5分
バス停3つ目「東宿郷」下車し徒歩3分